宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

施主(せしゅ)

葬儀費用を支払う人を指す用語。

解説

葬儀社に対して葬儀の費用を支払う人を施主と言います。かつては施主と喪主(葬儀を取り仕切る人)が別の場合が多かったのですが、最近では喪主が施主を兼ねていることがほとんどとなっています。大規模な社葬などにおいては施主が会社である場合もあります。

施主と喪主の違い

施主と喪主の違いをわかりやすく説明すると施主は「葬儀費用を出す人」であり、喪主は「葬儀を取り仕切る人」となります。施主は葬儀費用を支払うだけで、葬儀自体を取り仕切ることは行いません。施主の役目は喪主をサポートする程度に留まります。一方で喪主は葬儀社と打ち合わせをして、どのような葬儀にするのかなどを決めていきます。また、喪主は参列者の前で挨拶をするなど葬儀における代表としての役割もあります。

しかし、現代では喪主が施主を兼ねていることがほとんどで、喪主と施主を区別することも少なくなりつつあります。

なお、弔電を送る際に迷うのが喪主と施主のどちらに送ればいいのかということです。弔電は喪主もしくは遺族に送るのもですので、喪主に送るようにしましょう。

電話をかける(無料) 資料請求