宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

遺骨(いこつ)

火葬後に残る骨のことを示す用語。

解説

火葬文化の浸透した現代日本において、人は亡くなるとその後火葬場で火葬されます。
火葬後の遺骨は骨壺に入れた後、墓地埋葬法に基づいてお墓にいれることが一般的とされています。また最近では、後の供養のことも考えてお墓を選ぶ方も増加しています。
下記で供養方法とお墓について詳しく解説いたします。

お墓と供養方法

最新の供養のスタイルは多彩で、お墓に入ることにこだわらない自由なスタイルも増えてきています。墓石の代わりに植樹する「樹木葬」は、これからさらにニーズが高まるといわれる供養です。
共同墓地などに樹木葬のための区画が用意されているので、費用を支払ってそこに納骨し、木を植えます。やがて遺骨が自然に還ることで、永代供養します。
「散骨」については人気の高い海だけでなく、空や宇宙へ遺灰や遺骨を撒く供養がおこなわれています。
また、最新の供養方法のひとつである「手元供養」の人気が高まってきています。デザイン性の高い骨壺に遺骨を納めて自宅で供養する方法です。
そのほか、遺骨でダイヤモンドをつくってアクセサリーにしたり、遺骨・遺灰を入れられるペンダントにしたりして肌身離さず身につける供養の方法もあります。
もちろん、日本に昔から存在している霊園や檀家専用のお墓に納骨してお墓参りをするというスタイルを選ばれる方も多くいらっしゃいます。

電話をかける(無料) 資料請求