宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

直葬(ちょくそう)

通夜や葬儀を行わず、故人の逝去後にそのまま火葬を行う葬儀。

解説

直葬は通夜や葬儀を行わず、故人のご遺体をそのまま火葬する葬儀です。法律により死後24時間は火葬できないため、厳密にはご逝去後すぐにというわけではありませんが、一時的にご遺体を安置した上でそのまま火葬を行います。近年ではお葬式の費用の面や高齢化に伴う参列者の減少など様々な理由から直葬を選ばれる方も増えてきています。

直葬の流れ

ここでは直葬の流れをご紹介します。

搬送・安置

ご逝去後、ご遺体を病院などから搬送し、葬儀会館などに24時間安置します。葬儀社やプランなどによってはご遺体を自宅に安置することもできます。

納棺

故人を納棺し、最後の別れをします。この際に、棺にお花を入れることもできます。お花については葬儀社に依頼する場合やご自身で用意する場合もありますので事前に相談しましょう。お別れを済ますと出棺となります。

火葬

火葬場に到着後、火葬となります。ただし、葬儀社に相談すれば僧侶による炉前での読経や焼香の場を設けることもできます。火葬後は一般的な葬儀と同様、骨上げを行い終了となります。

葬儀社とよく相談する

直葬は葬儀費用を抑えた必要最小限のプランとなっている場合が多くあります。最後のお別れに使うお花が用意されないなど必要なものが含まれていない場合もありますので、注意しましょう。また、炉前での読経や焼香を行う時間を設けて欲しい、遺影を用意して欲しいなどの要望についても葬儀社によっては対応してもらえる場合もあるので、事前に葬儀社とよく相談しておくようにしましょう。

電話をかける(無料) 資料請求