宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

お布施(おふせ)

僧侶に対して読経や各種法要の対価として渡す金銭のこと。

解説

お布施は一般的には僧侶に対してお葬式、年忌法要などにおける読経などの対価として支払われる金銭を指します。お布施の具体的な金額・相場については地域、宗派、法事の内容などによって異なります。わからない場合は葬儀社やお寺などに確認しましょう。

仏教本来の意味合いであればお布施というものは必ずしも金銭である必要はなく、読経などの対価として支払われるものでもありません。どちらかと言えば寄付のようなものになります。仏教では布施は悟りの境地に辿り着くための修行の一つとされています。

布施の種類

仏教では布施は他人に財物などを施したり、相手の利益になるように教えを説くこととされています。必ずしも金銭でなくても相手に対して何かを施すことが布施と呼ばれます。
そして、布施には次の3つの種類があります。

財施(ざいせ)

財施は必要としている人に金銭や衣服、食料などを惜しみなく施すことを指します。現代の日本でいう一般的なお布施というのは財施にあたります。

法施(ほうせ)

法施は仏様の教えを説くことを指します。僧侶による説法や読経などが法施にあたります。また、戒名を授けるのも法施の一つとされています。

無畏施(むいせ)

無畏施は周囲の人に平穏や安心を与えること、苦しみ悩む人に手を差し伸べることを指します。無畏施は財施のようにお金がなくても、法施のように仏様に関する知識がなくても行える、誰でもできる布施です。

電話をかける(無料) 資料請求