宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

喪服(もふく)

葬儀や法事の際に着用する服。

解説

葬儀や法事などの際に着用するのが喪服です。基本的に喪服は黒色の服装になります。靴やカバンなどについても光沢のない黒色のものを選びましょう。アクセサリーなどについては結婚指輪やネックレス程度に留めておきます。

また、喪服には正喪服・準喪服・略喪服の3つの種類があります。どの喪服を着用するかは立場などによって変わってきます。

正喪服

正喪服は遺族のみが葬儀に着用する最上級の喪服です。通夜では着用しません。
男性は黒のモーニング、女性は黒の和装が一般的です。

準喪服

準喪服は一般的に言われる喪服です。葬儀や通夜はもちろん、一周忌などの法要にも着用できます。基本的には一般の参列者は準喪服を着用します。
男性の場合は光沢のないブラックスースに白いワイシャツを着用します。ネクタイや靴下、靴も全て黒で統一します。

女性の場合はシンプルな黒のワンピースが基本ですが、ブラックスーツなどでも問題ありません。アクセサリーについては結婚指輪やネックレス程度とします。
鞄については光沢のない黒色のものを持ちます。ストッキングについては少し肌色が見える程度の黒色のものを着用しましょう。

略喪服

略喪服は黒や紺、グレーなど漆黒ではない色のジャケットやスーツ、ワンピースなどの服装を言います。喪服を持っていない場合などにおいて着用できるものになります。
通夜であれば多くの場合において略喪服での参列が許されることが多いです。

子供の喪服について

子供の場合は喪服として学校の制服を着用するのが一般的です。しかし、子供が小学生以下の場合など学校の制服がない場合については地味な色の服を着用します。男の子の場合は黒のブレザーやジャケットに白いシャツ、黒のネクタイを着用します。女の子の場合には黒のワンピースを着用するのが一般的です。

電話をかける(無料) 資料請求