宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

想送式(そうそうしき)

「お坊さんのいないお葬式」にて執りおこなうことができる、無宗教形式の葬儀を指す用語。

解説

想送式は、読経や戒名を授けるなどの宗教儀式をおこなう代わりに、皆さまで故人様を送った証としてご参列の皆さまに署名いただく「想送の儀」をはじめ、故人様への手紙を読み上げたり思い出あふれる写真や動画を流すなど、故人様への想いをカタチにできる葬儀内容を自由に選択できます。

また、想送式は以下を大きな特徴としていますので、ご紹介いたします。

想送式の特徴

宗教儀式を行わない

想送式は無宗教形式の葬儀です。そのため宗教儀式をおこなう必要性がなく、葬儀の時間すべてを故人様とご参列の皆さまのための時間として使うことができます。

礼金がいらない

想送式では宗教儀式を行わないため、宗教者も同様に呼ぶ必要がありません。そのため、お布施やご神饌料、献金などの宗教者への礼金が発生せず、葬儀費用を抑えられます。

メモリアルイベントができる

想送式では故人様への想いをカタチにできる葬儀内容を自由に選択いただくことが可能です。また、式次第にはメモリアルイベントの実施も含まれており、これまで宗教儀式との兼ね合いで、葬儀中には実現することの難しかったビュッフェやカラオケといったイベントを企画することもできます。

メモリアルムービー・メッセージカードを贈れる

想送式では故人様とご遺族・ご友人の方等とのこれまでの思い出を振り返ることのできるメモリアルムービーを上映することが可能です。また、メッセージカードに故人様への想いを書き記して棺の中に入れることもできます。

電話をかける(無料) 資料請求