宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

喪中(もちゅう)

喪に服す期間を指す用語。一般的には故人の死後一年間をいう。忌中とも。

解説

故人の死後から一年間を喪中と呼び、喪に服しつつ様々な行動を慎む期間とされています。結婚式などの慶事への参加を慎んだり、神社などへの参拝を控えます。また、お正月においては年賀状を送るのを慎んだり、しめ縄や門松などの飾りつけも慎みます。わかりやすく言うとお祝い事を自粛するということになります。

なお、年賀状を送る際に喪中の方へ送ってしまうと失礼にあたりますので、気を付けるようにしましょう。喪中の方からは喪中はがきにて喪中を知らせてもらえる場合もありますので見逃さないようにしましょう。

喪中に関するQ&A

喪中に関するQ&Aをまとめました。ご参考ください。

喪中の相手にお中元やお歳暮を贈ってもいいの?

お中元やお歳暮は「お祝い事」にあたりませんので送っても問題ありません。しかし、忌中の間(四十九日)は送るのを避けるのがマナーとなります。忌中の間に送ってしまうと香典として受け取られてしまう可能性もあるので注意しましょう。

喪中に旅行へ行ってもいいの?

喪中の旅行は原則として避けるべきものとされています。しかし、故人が亡くなる前から決まっていた旅行などについては行ってもいいとされています。なお、最近では忌明け(四十九日後)であれば旅行に行ってもいいという考え方も浸透しつつあります。

喪中に入籍してもいいの?

喪中に入籍していいかどうかは考え方によります。喪中はおめでたい事やお祝い事を避ける期間とされています。入籍をおめでたい事として考えるのであれば避けた方がいいでしょう。そうではなく、事務手続きとして考えるのであれば喪中に入籍しても問題ありません。

電話をかける(無料) 資料請求