宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

六字名号(ろくじみょうごう)

南無阿弥陀仏を指す仏語。

解説

六字名号の名号とは仏様の称号を意味します。六字名号は「南無阿弥陀仏」という称号を意味します。この他にも、九字名号として「南無不可思議光如来」や十字名号として「帰命尽十方無碍光如来」などが存在します。

南無阿弥陀仏の意味

南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)という言葉は仏教に詳しくない人でも聞いたことがあると思います。しかし、南無阿弥陀仏の意味をご存じの方は少ないかもしれません。南無阿弥陀仏の「南無(なむ)」は帰依するという意味を表します。そして、「阿弥陀仏(あみだぶつ)」は極楽浄土におられる阿弥陀如来を意味します。つまり、「南無阿弥陀仏」は「私は阿弥陀仏に帰依します」という意味になります。この「私は阿弥陀仏に帰依します」というのは「私は阿弥陀仏に全てお任せするという」意味を表します。

阿弥陀仏は自分の名前を呼ぶものがあれば必ず極楽浄土に導くとされているため、阿弥陀仏に全てお任せすることで極楽浄土に導いてもらうということからこの言葉が唱えられるようになったとされています。南無阿弥陀仏は浄土真宗で唱えられる念仏でもあります。

電話をかける(無料) 資料請求