宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

位牌(いはい)

故人を表す名札のような役割を果たす木牌のこと。

解説

位牌とは戒名・没年月日・没年齢等が記され仏壇に安置するものです。故人を示すシンボルのようなものであるため、供養を行う上で必要不可欠です。
位牌は中国の儒教を基に、日本独自の考えである「依り代」の考え方を取り入れたことによって生まれた経緯があると言われています。
正確には位牌には二種類存在していますので、下記でご説明いたします。

二種類の位牌

白木位牌

一般的に白木位牌は四十九日明けまでの「仮位牌」として、本位牌ができるまでの繋ぎの役割を果たす物です。
しかしながら白木位牌には故人の魂や戒名も刻まれていますので丁寧に扱ってください。

本位牌

本位牌は四十九日に僧侶を招いて法要をする際に、白木位牌からの魂入れを行うことで完成します。
本位牌の方をその後の供養に使用しますので、白木供養は魂入れ・魂抜き後には処分するようにしましょう。

なお、宗派によって位牌として選ばれる物に微妙な違いがあります。曹洞宗・臨済宗では唐木の位牌、その他の宗派では塗りの位牌が選ばれるようです。
例外的に浄土真宗では位牌を用いることがないのでその点には注意が必要でしょう。

電話をかける(無料) 資料請求