宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

別れ花(わかればな)

納棺時、もしくは出棺時など故人との最後の別れの際に、棺の中で眠る故人の周りに手向ける花を指す用語。また、花を手向ける行為を指す。

解説

一般的に別れ花は出棺直前の最後のお別れの際に行われることが多く、遺族や近親者など縁の深い人達によって行われます。別れ花として使われる花は白いお花が一般的です。赤い花や棘のある花は避けます。具体的には白い菊・百合・カーネーションなどが使われることが多いです。また、別れ花と共に棺の中に故人が愛用した物を入れることもあります。

お葬式に纏わるお花

別れ花以外にもお葬式に纏わる様々なお花があります。ここではそんなお葬式に纏わるお花について紹介します。

献花

献花は参列者一人一人が祭壇の前にお花をお供えすることを指します。日本で一般的な仏式のお葬式では行われることが少ないため、目にする機会や実際に献花をしたという人は少ないかもしれません。献花はキリスト教のお葬式や最近増えてきている無宗教のお葬式で行わることがあります。献花で使われるお花については別れ花と同じような白いお花が一般的です。お葬式によっては故人が生前好きだったお花が使われる場合もあるようです。

供花

供花(きょうか・くげ)は故人にお供えするお花のことを指します。一般的には葬儀場の祭壇周りに飾られることが多く、供花には送った人の名前が掲示されます。供花は菊をメインとして、百合、カーネーション、胡蝶蘭などを組み合わせて供えられます。宗派によっては供花として送ってはいけないお花もあるので注意しましょう。

供花を送るにはまずは喪主に供花を送りたいという意向を伝えましょう。これは葬儀場によっては供花は喪主が取りまとめる場合があるからです。喪主が取りまとめない場合についてはお葬式を取り仕切っている葬儀社に相談します。生花店に相談しても問題ないのですが、葬儀場や葬儀社によっては一般の生花店からの供花を断っている場合もあるので注意しましょう。

供花の送り方などについてはこちらの記事を参考にしてみてください。

電話をかける(無料) 資料請求