宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

箸渡し(はしわたし)

死者を火葬後に箸を用いて遺骨を収骨する方法。

解説

箸渡しでは二人一組になって故人の遺骨を竹と木という左右別々の素材でできた箸を使って骨壺に収骨します。これは「箸」と「橋」をかけており、三途の川の橋渡しをするという意味が込められているとされています。

なお、食事マナーにおいて食事を箸と箸で渡す行為(箸渡し)は縁起が悪いとされ、マナー違反となります。

骨上げ(箸渡し)の仕方

骨上げ(箸渡し)は故人の遺骨をただ骨壺に納めればいいというものではありません。順番などが決まっているので骨上げの作法をあらかじめ確認しておくことが重要です。

まず、骨上げは喪主から始めて、喪主以外の遺族、その他の参列者(親しい友人など)の順番で行います。そして、骨壺の中で故人が立っているような順番で遺骨を入れていくので足の骨から始まり、腕→腰→背中→肋骨→歯の順に、体の上のほうに向かって遺骨を骨壺に入れてきます。最後に頭蓋骨を入れたあと、喪主が喉仏を収めます。なお、骨上げの順番などは地域によっても変わってきますので事前に確認しておくようにしましょう。

骨上げが終わったら、骨壷の蓋を閉じて白木の箱に入れ、布などに包んだうえで自宅に運びます。骨上げの際に渡される埋葬許可証は、納骨の際に必要な書類になりますので、紛失しないように注意しましょう。

電話をかける(無料) 資料請求