宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

後飾り(あとかざり)

火葬後に自宅に持ち帰った遺骨を安置する祭壇のことを指す用語。

解説

後飾りは他にも「自宅飾り」「後飾り祭壇(あとかざりさいだん)」「後壇(あとだん)」の名称で呼ばれることもあります。

葬儀で用意される祭壇よりもサイズが少し小さく、2~3段で材木に白木が使用されていることが多いのが特徴です。後飾りを準備するタイミングとしては、少なくとも火葬後までには自宅に設置してあるようにするのが望ましいとされています。また、後飾りは四十九日法要が終わると撤去することになるため、その期間中に仏壇も用意する必要があります。現代では、供養方法として仏壇を必要としない手元供養をするケースを見受けられますので、その選択も含めて相談する必要があるでしょう。

なお、仏式では白木位牌と呼ばれる物を後飾りと一緒に飾ることもあります。これは、葬儀の時に使用されている位牌のことで本位牌が作られるまでの繋ぎとして使うものです。白木位牌には故人の魂や戒名も刻まれています。そのため本位牌が完成し、四十九日後に後飾りを撤去するタイミングで白木位牌から本位牌への魂抜きと魂入れをするようにして、何もせず処分してしまうことのないようにしてください。

下記では各宗教ごとで必要になってくる後飾りの説明をしております。

後飾りに必要なもの

仏式の場合

仏式の場合、①遺影・遺骨②位牌③線香④蝋燭⑤生花⑥鈴・鈴棒の6つを用意が必要とされています。他にもお供え物をしても問題ありません。お菓子や果物等の故人が好きだった食べ物や飲み物を選んでください。

神式の場合

神式の場合、①霊璽(れいじ)②榊③三方④玉串の4つを用意する必要があります。神式においては、特に「榊」が重要とされていますので、忘れないようにしましょう。

キリスト教式

キリスト教式の場合、①十字架②聖書③パンの3つを用意する必要があります。パンはそのままではなく皿にのせて祭壇に捧げるのがよいでしょう。

電話をかける(無料) 資料請求