宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

焼骨(しょうこつ)

遺体を焼いて、骨にすることを指す用語。

解説

焼骨(しょうこつ)とは、遺体を焼いて、骨にすることを表しています。日本は99.6%が火葬されるため、この焼骨(しょうこつ)という弔い方をすることになります。
また、火葬をする行為自体を合わせて、焼骨後の骨自体を表す場合もあります。

焼骨(しょうこつ)の文化

日本では古くから焼骨=火葬する文化がありますが、ヨーロッパでは、ほとんど火葬をすることはありません。
これは宗教観における違いではありますが、ヨーロッパの場合はキリスト教が多く、「最後の審判が終わったのちに復活する」という思想があるためと考えられています。
日本では仏教の影響が大きく、釈迦が火葬されたことから火葬の文化が根付いています。

日本で焼骨以外の弔い方法

現状、日本では99.6%が火葬をしていますが、法律で火葬と限定されているわけではありません。ただし、墓地の運営は都道府県知事の許可が必要なため、現実的でないことがあります。
山梨県甲州市にある文殊院のイスラーム霊園では土葬が可能です。こちらはムスリム(イスラム教徒)の為の墓地で、日本では数少ない土葬ができる環境になります。

電話をかける(無料) 資料請求