宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

白装束(しろしょうぞく)

弔辞で身に着ける浴衣風の服を指す用語。

解説

白装束(しろしょうぞく)とは、弔辞で身に着ける浴衣風の服を表しています。おもに故人への最後の旅支度として着替えさせる服も表しており、死に装束とも呼ばれています。
白装束と呼ばれるのは単純に色が持つ意味合いを重視しており、仏教では白の意味は穢れていない、清浄な色と考えられており、浄土への旅支度として、穢れていない状態にするためにも白装束への着替えさせるという行為があります。

故人を着替えさせる白装束

天冠、杖、脚絆、数珠、経帷子、手甲、頭陀袋、草鞋、白足袋などを一般的に着せていますが、実際の葬儀で使用する際は簡易的に上から羽織らせるだけの場合もあります。
また故人に着替えさせる白装束は宗旨宗派によって異なりますので、葬儀社に確認をされるのが一番です。

神事でも着る白装束

おもに弔辞の際に故人に着替えさせる白装束ですが、神主や巫女なども身に着けることがあります。もとは防寒用の下着の役割でしたが、現在は巫女が上着として着用したり、天皇が神事を行う際にも着用されています。
また四国霊場を参拝するお遍路さんでも白装束を着用しています。

電話をかける(無料) 資料請求