宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

神職(しんしょく)

神道における神事をするものを指す用語。

解説

神職(しんしょく)とは、神道における神事をつかさどる者の総称を表しています。その他にも神官や大夫、神殿、宮司、社司、社掌など神社の格式と規模、スタッフに人数などによって呼び名は異なりますが、概ね神社で神事をする方は神職と捉えて問題ありません。

神職の仕事とは?

神職は神事を行う者を表していますが、主に神道における儀式行事であるお祭りや七五三、結婚式、地鎮祭、神葬祭などを執り行っています。また日常的な仕事としては参拝に来る方の為に神社を管理することも大切な仕事の一つとなっています。

神職になるには?

神職になるためには資格が必要になります。
神職の資格が取れる大学もしくは神社が運営する養成所で学ぶことで神職の資格を取得することができます。

電話をかける(無料) 資料請求