宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

喪(も)

死者を忌み慎んで、日常生活から離れて供養することを指す用語。

解説

喪(も)とは、死者のことを忌み慎んで、一定の期間日常生活から離れて、儀礼的な禁忌の状態になること表しています。
日本語では、「喪に服する」や「喪中」や「服喪期間」などとその期間や状態を表しています。

喪に服す期間とは?目安は?

喪中と忌中があり、忌中は宗旨宗派によって異なりますが、仏教徒が多い日本においては四十九日が多く、神道の方は50日間、キリスト教の場合は1か月程度と考えられています。また喪中の基準としては、どの宗旨宗派問わずに、1年間としているのが一般的になりました。

喪に服す期間にしてはいけないこと

喪中は一番多い習慣としては年賀状を出さないということではないでしょうか。年賀状自体は新年をお祝いするためのものですので、喪中の方は事前に「喪中はがき」を送っておき、新年のご挨拶を控える旨を伝達しておくのが良いでしょう。また年賀状の代わりとして「寒中見舞い」を出すのもよいでしょう。
また、その他にも年末年始に絡む行事ごとは避ける傾向にあります。お歳暮やお中元、初詣、正月飾りなどもしないというケースが多くあります。

喪に服す期間にしておくべきこと

喪に服す期間にはたくさんのできることがあります。これらは葬儀に関するところも多くあり、故人に対して行う気持ちに整理や物の整理を始めとし、遺産相続や役所への諸手続き、香典返しなどがたくさんすることがあります。
しかし、一番大切にしたいのは、ご遺族自身の納得される時間を過ごされることです。この期間に無理にお墓を決める必要もありませんし、無理矢理に日常生活に戻る必要もありません。残された方の喪失感や大切な方が亡くなってしまったことから立ち直る期間でもあります。もちろん、法律上決まった手続きは必要ですが、それ以外はご遺族自身の納得される時間を大切にしてください。
 

万が一の時の、忌引きの期間

喪に服す期間は1年間が目安となりますが、その前に忌中の期間、これは万が一の時についてですが、会社勤めの方や学生さんには適用される忌引きの日数です。
こちらは社則や校則などによって定められている場合が多いですが、一般的には下記のようです。
・配偶者:10日間
・血族:1日~7日間程度
 父母:7日間
  子:5日間
 祖父母、兄弟姉妹:3日間
 孫、叔父叔母:1日間
・姻族:1日~3日間程度
 配偶者の父母:3日間
 配偶者の祖父母、兄弟姉妹:1日間

電話をかける(無料) 資料請求