宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

大師(だいし)

釈迦、仏または菩薩を指す用語。

解説

大師(だいし)とは、釈迦、仏または菩薩などを表しており、大導師や大師範を意味しています。
また高僧を表す場合もあり、その際は○○大師(だいし)と呼ばれ、敬称の一部として用いられていますが、主に、死後に弟子や後生の人々また天皇などから贈られて、付けられること場合が多くあります。このような敬称を諡号(しごう)と言います。
日本の仏教界ではおもに空海を指す場合が多く、大師と書いてあれば空海を考えられます。

大師(だいし)と名前が付く高僧

大師と名前を付けられるお坊さんの多くは、開祖したお坊さんやそれらの教えを広く伝えた者、開祖したお坊さんの近親者で宗派の教えを広く伝えた者などが該当します。また日本仏教会では、弟子たちが私的につける名前ではなく、公式に将軍や天皇から贈られるケースが多くあります。
・最澄:伝教大師
・円任:慈覚大師
・空海:弘法大師
・良源:慈慧大師
・天海:慈眼大師
・親鸞:見真大師
・蓮如:慧燈大師
・道元:承陽大師
・隠元:真空大師
・日蓮:立正大師
・良忍:聖応大師
・法然:円光大師
・一遍:証誠大師
・関山:無相大師
・無文:円明大師
・実慧:道興大師 など

電話をかける(無料) 資料請求