宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

霊棚(たまだな)

お盆のお供え物を置くための台・棚を指す用語。

解説

霊棚(たまだな)とは、お盆期間に、お供え物や位牌などを安置するための台・棚のことを表しています。ま精霊棚(しょうりゅうだな)や盆棚(ぼんだな)と呼ばれています。
神道では祖霊舎(それいしゃ)とも呼ばれており、ともにお盆時期に使うものとなっています。

霊棚はどこに置くもの?

霊棚(たまだな)はお盆時期に使うもので、仏壇の前に、または横に置き、ご先祖を供養するための飾りを用意してお盆を迎えることに使用しています。
東京や神奈川の一部の地域では新盆として7月13日~16日、その他地域では旧盆または月遅れ盆として8月13日~16日がお盆時期となっています。

霊棚には何を飾る?

ご先祖の供養をするために使われる霊棚ですが、いろいろなものを飾り付けます。
お盆が近づくと、食品スーパーやホームセンターなどでも一通りをセットにしたものが販売されています。
・盆提灯:ご先祖が迷うことなく辿り着くための迎え火として利用しています。
・ほおずき:ご先祖の足元を照らす灯りになるもの
・精霊馬:茄子や胡瓜を使って、馬や牛を象ったもので、ご先祖の乗り物とされています。
・蓮の葉:悟りを開くための象徴とされています。

電話をかける(無料) 資料請求