宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

声明(しょうみょう)

仏教徒が儀式で唱える声楽を指す用語。

解説

声明(しょうみょう)とは、「せいめい」とは読まずに「しょうみょう」と読みます。仏教の儀式における僧侶が唄う声楽曲を表しています。声楽曲とは人の歌声を中心とした楽曲です。声明(しょうみょう)のほかには魚山(ぎょさん)や梵匿(ぼんのく)、梵唄(ぼんばい)とも言います。
簡単に言うとお坊さんが唄う仏教音楽です。キリスト教で言うと讃美歌のことです。
また仏教を賛美するための専門の僧侶の部隊もありました。

声明の内容とは?

各地域の声明(しょうみょう)には様々な違いがあり、漢語や音韻学を用いたものなど様々です。
・インドの声明:古代インドの学問を表していて、音楽とはまた別のスタイルになります。
・チベットの声明:超低音で唱和され、独特のものがあります。
・中国の声明:漢語を中心とした梵唄(ぼんばい)と言われるものがあります。
・日本の声明:陰陽五行に基づく中国のものが基本となり、儀式と儀式の間で披露されるものがあります。

日本の声明

日本の声明は宗旨宗派により、さまざまに異なります。古代インドと中国を経由して、日本に入ってきた声明ですが、漢語などは一般人にはもちろんですが、修行をした僧侶でさえ、難しいもので、次第に日本語へと変化されていきました。その中で宗旨宗派によりさまざまな流派が出来上がりました。
鎌倉時代までは多くの流派がありましたが、のちに統合・廃絶したものもあります。
・天台声明:最澄が伝えたものを独自に発展したもの
・真言声明:空海が伝えたものを基礎とするもの
・大原魚山声明研究会:明治以降に天台宗送料たちが始めたもの
・本相応院流
・新相応院流
・醍醐流
・中川大進流(現在は智山声明、豊山声明、南山進流に分かれている)

電話をかける(無料) 資料請求