宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

御霊前(ごれいぜん)

四十九日前に故人へお供えすることを指す用語。

解説

御霊前(ごれいぜん)とは、仏教における習慣の一つである四十九日以前の故人に対して、お供えものや香典の表書きに使われる言葉です。
仏教では、亡くなった方を四十九日前までは「霊」として扱い、四十九日(しじゅうくにち)を過ぎると成仏して「仏」になると言われています。その習慣にならい、香典の表書きやお供え物につける名前として、霊の前に備えると書く御霊前と表しています。
一部の宗旨宗派においては、「仏」になること=成仏するという解釈が違っており、浄土真宗や真宗大谷派では、人は亡くなると同時に成仏して「仏」になると考えられているため、四十九日(しじゅうくにち)を待たずして、御仏前(ごぶつぜん)を使用します。
また、曹洞宗では浄土という解釈がなく、四十九日前後に関係なく、常に御仏前を使用しています。
反対に、「仏」という概念がないキリスト教や神道などの仏教以外においては、四十九日前後に関係なく御霊前が使用されています。

御仏前との違いは?

御霊前と似たような言葉に御仏前(ごぶつぜん)という言葉があり、こちらもお供え物や香典の表書きに使用される言葉です。
使い分けは2つあり、一つ目は仏教では、四十九日を境に、「霊」とするか「仏」とするかの違いです。四十九日前は「霊」として扱いますので、御霊前を使い、四十九日を過ぎると成仏して「仏」となるため、御仏前を使用します。
二つ目は宗旨宗派による違いです、仏教系では浄土真宗や真宗大谷派、曹洞宗などは御仏前を使い、キリスト教や神道などの仏教以外においては、亡くなった方が「仏」になるという考え方がないので、御霊前を使用します。

御霊前と御仏前を迷ったら?

御霊前と御仏前の使い分けに迷う場合は亡くなられてからの日数を基準として、四十九日前なら御霊前を使いましょう。
ただし、四十九日前まであっても、相手方の宗旨宗派が不明な場合は「御香典」として表書きを書くのがよいとされています。「御香典」であれば、仏教以外のキリスト教や神道でも使えます。

電話をかける(無料) 資料請求