宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

玉垣(たまがき)

神社や皇居、お墓の周りに巡らされた垣を指す用語。

解説

玉垣(たまがき)とは、神社や皇居、お墓の周りに巡らされた垣のことを表しています。主に神聖な領域と自然の境界線をわかりやすく示す目的で使用されています。
宗教的な意味では神聖な領域との境界線ですが、実務的な意味では、お墓の周りと囲むことで、区画がわかりやすくなり、また雑草や石の混入を防ぐ目的があります。
また、斎垣(いがき)、荒垣(あらがき)、瑞垣(みずがき)と呼ばれることもあります。

玉垣の種類

玉垣(たまがき)は一重だけであることはなく、複数に巡らされている場合もあります。
例えば三重県伊勢市になる伊勢神宮では玉垣が複数設置されている箇所もあり、荒垣、玉垣、瑞垣の順番で外側から並んでいます。
これらは神仏に近づけば近づくほどに繊細な細工が施された芸術的なものが多くなります。

玉垣は何で作るものか

玉垣(たまがき)に使われる素材は様々ですが、生木の樹木で囲むものや木造、石造などタイプは様々です。生木で使われることが多いのが「榊」です。榊は神仏と人間の境界線となる木として、利用されています。
近年ではコンクリート製も増えており、建立された際に寄付をした方の名前などが彫刻されたパターンもあります。

電話をかける(無料) 資料請求