宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

碑慶讃法要/建碑祝い(けんぴきょうさんほうよう・けんぴいわい)

浄土真宗における墓や記念碑などを新築・改修した際に行う法要を指す用語。

解説

碑慶讃法要/建碑祝い(けんぴきょうさんほうよう・けんぴいわい)とは、浄土真宗における墓碑(お墓のこと)、記念碑、顕彰碑を建立(新しく建てること)や修復した際に、読経などを行う法要を表しており、それらをすることで、祈りの対象物とすることを意味しています。また、碑慶讃法要のお布施の表書きにも使われる言葉です。

お墓を建てる際に必要なの?

一般的に仏式でお墓を建てて、納骨する際は「開眼供養」や「精入れ」、「お墓開き」と言われ、その際に読経を含む法要を執り行いますが、碑慶讃法要も同じものです。
また、これらは宗旨宗派によって呼び方が異なり、碑慶讃法要は浄土真宗の呼び方になります。

碑慶讃法要では何をする?

碑慶讃法要では、お坊さんに来ていただき、読経をしていただきます。その際にはお墓に入れる故人が好きだったもの、果物、花、お酒などを一緒にお供えするのが一般的です。また碑慶讃法要と表書きしたお布施を準備しておくことも必要です。

電話をかける(無料) 資料請求