宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

三十七道品(さんじゅうしちどうぽん)

永遠の平和に辿り着くための37の修行方法を指す用語。

解説

三十七道品(さんじゅうしちどうぽん)とは、涅槃(=仏教の究極的な目標である永遠の平和な状態)に辿り着くための37種類の修行方法を表しており、小乗仏教で行われた実践的な修行方法です。
また、これらは修行方法をまとめた書籍となっているわけではなく、後世に託すために、書いたものを上げ連ねていった際に、最終的に37種類になったと言われており、厳密には内容が重複する部分もあります。

三十七道品の種類とは?

7つに分かれており、その合計数が37種類となっており、これを七科三十七道品と呼びます。
下記の七科があります。
・四念処(しねんじょ) 悟りに辿り着くための4種類の修行
・四正勤(ししょうごん) 正しい努力を全うするための4種類の修行
・四如意足(しじんそく) 神通力を得るための4種類の修行
・五根(ごこん) 根本的な5つの能力を取得するための修行
・五力(ごりき) 悟りに辿り着くための5種類の修行
・七覚支(しちかくし) 悟りに辿り着くための7種類の修行
・八正道(はっしょうどう) 悟りに辿り着くための8種類の修行

後半になると重複することが増えるため、厳密には37種類ではないとする考えもあります。

電話をかける(無料) 資料請求