宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

後生(ごしょう)

人に哀願すること、一生のお願い事を指す用語。

解説

後生(ごしょう)とは、漢字本来の意味を表すところでは、後から生まれてくること、後輩、後任、後から学ぶ人などの意味がありますが、こちらの意味で使う場合は「こうせい」と読み、「ごしょう」と読む場合は、仏教用語で死んだ後に生まれ変わる世界のことを表しており、そこから人に哀願すること、一生のお願い事をすることを意味しています。日常生活ではなかなか使う機会はありませんが、小説などでは「後生だから….」というように使われています。
後生のお願いは本当に困っている、これを断られるともうどうしようもないこと、生きるかどうかの瀬戸際であることを意味しています。

後生大事とは?

後生大事にとは、この世ではなく、来生の為に仏道に励むことを表しており、その意味が転じて、非常に大切にするという意味で使われています。

前生・今生の違い

後生に対する言葉として、前生や今生という言葉があります。
・前生とは、この世の前の世を表しています。
・今生とは、この世を表しています。

電話をかける(無料) 資料請求