宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

顕教(けんきょう)

聞く人に合わせた話し方で伝えられた教えを指す用語。

解説

顕教(けんきょう)とは、密教(みっきょう)との反対語として、用いられる言葉で、釈迦が聞く人に合わせた話し方で仏教の教えを顕(あらわ)に説かれたものです。
反対に密教は真理そのものであり、時代や解釈によって変化してしまう部分もあり、非公開=秘密にされた教えです。

顕教と密教の区別

開かれた教えと秘密にされた教えはそれぞれに意味が違っています。特に真言宗のなかでは、真言宗の教えとそれ以外の宗旨宗派を顕教と密教で分けています。
密教においての教えは真理そのものであり、教えの表面的な部分だけでは理解しえないことがあります。また密教においては自らの教え以外はすべて顕教とする考え方があります。
密教の反対語に当たる顕教においては、聞く人々に合わせて、報身、応身によって説かれ、より分かりやすく伝えることで、迷いを取り去り、悟りに近づけるようにしたものが顕教です。
どちらも同じ教えではありますが、仏道に入っていない方にも広く知らせたのが、顕教とし、出家をした仏道に入った方が学んでいたのが密教を分けられているようです。

電話をかける(無料) 資料請求