宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

忌中払い(きちゅうばらい)

解説

本来の忌中、つまり四十九日法要までは遺族は精進するため、魚や肉などは避けた、殺生をしない精進料理を食べて過ごすものでした。精進の期間が終わり、いつも通りの食生活に戻る会食の事を忌中払いと呼びます。地域や宗派により、精進落とし、精進上げ、精進明け、お斎(おとき)、座敷洗いなど様々な呼び方があります。
神道では同様の会食を直会と呼んでいます。

しかし現代では忌中払いの意味が大きく変化しています。現代において忌中払いは、初七日に済ませてしまうものとされています。初七日は基本的に葬儀と同じ日に行われるため、葬儀後に忌中払いをするという事になります。現代では忌中に精進料理を食べることはほぼなくなり、葬儀後に僧侶や親族、個人と親しかった方など葬儀に係わった方たちに会食を振る舞い、それを忌中払いとするようになりました。葬儀が合理化される中で、火葬後の区切りとして行われるようになったのです。

一般的な葬儀では忌中払いの料理を振舞わないという事はマナー違反になります。忌中払いは故人の葬儀に参列して下さった方々へのお礼と感謝として振舞うのが基本です。ただし地方によっては宴席を設けず、折詰の料理や金品を渡すこともあります。僧侶が忌中払いを辞退した場合は「御膳料」と「御車代」を渡します。

電話をかける(無料) 資料請求