宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

伽藍(がらん)

僧侶が集まり住み修行する清浄で閑寂な場所や後には大きな寺や寺院の建物の指す用語

解説

寺院にあるお堂や塔、門などの建築物の集合体を「伽藍」と呼ぶようになりました。
サンスクリット語の音写で「僧伽藍摩(そうぎゃらんま)」「僧伽藍」を略して「伽藍」と呼び、漢訳の場合「衆園(しゅおん)」「僧園(そうおん)」「僧院」と漢訳され、通常は「伽藍」と読まれます。
奈良時代までは寺の本堂を中心にし、左右対称に建物が置かれており、平安時代からは山側の斜面にも寺院が建設されて建物の配置が左右対称ではない寺院もできました。
現在でも、禅宗において寺院は左右対称が引き継がれています。

「伽藍」は、俗世間との境にあたる山門、本尊を奉る本堂、学習するための講堂、僧の住まいの庫裏(くり)、大黒様が祀られている食堂、トイレのある東司や西司などで構成されています。禅宗は食事もまた、修行のひとつである。食堂のある庫裏は修行の場でもあった。
台所と僧堂が同じ場所にある場所を“大庫裏”といい、やがて時の流れや宗派によって配置などは変わっていった。

基本的には七つの堂舎から成り立ち、寺院の主だった七つの建物を備えているため「七堂伽藍」といい、七堂の具体的な内容と配置は、各宗派によって違うが、禅宗では、仏殿、法堂(はっとう)、三門、庫院(くいん)、僧堂、浴室、東司(とうす:トイレ)を言います。

電話をかける(無料) 資料請求