宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

釈迦三尊(しゃかさんぞん)

寺院における釈迦如来像を中心とした仏像の置き方を指す用語。

解説

釈迦三尊(しゃかさんぞん)とは、仏教の仏像を配置する方法の一つを表してします。釈迦如来像を中央に配し、左右に脇侍(きょうじ)像を配したものが釈迦三尊と言われます。また、釈迦如来像が中央に配することを基本としていますが、左右に置かれる脇侍像は宗旨宗派によって異なります。

左右に配される像の組み合わせ

一般的なものは右側に文殊菩薩を配し、左側に普賢菩薩を配した形になっています。その他の組み合わせは、釈迦如来像を中心して、左右に梵天と帝釈天の組み合わせや金剛手菩薩と蓮華手菩薩の組み合わせ、薬王菩薩と薬上菩薩の組み合わせなどが孫算しています。これらは、宗旨宗派による協議の解釈の違いによって異なります。一部禅宗や日蓮宗では釈迦如来像自体の取り扱いも異なります。

国の重要文化財の場合

一例として、国の重要文化財に指定されている寺院の例をご紹介します。静岡県にある臨済宗方広寺(りんざいしゅうほうこくじ)には木造の釈迦三尊があります。こちらは国の重要文化財に指定されており、釈迦如来像を中心に、右側に文殊菩薩を配し、左側に普賢菩薩を配した形となっています。

電話をかける(無料) 資料請求