宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

教派神道(きょうはしんとう) 

神社神道に対する民間で派生した神道の教団を指す用語。

解説

教派神道(きょうはしんとう)とは、明治時代に国教とした神社神道に対する民間から派生したい神道系の教団を表しており、それぞれに教典と教会を備えています。また、各団体に創始者がいる点が神社神道とは大きく異なる点です。

教派神道に属する団体

明治時代に政府から公認を受けたのは14団体、そのうち一つはその後に解体されたため、多くの場合は「神道十三派」と呼ばれています。

神社神道に近い教団

国教とした神社神道に近い考え方の教団

・出雲大社教(本部:島根県出雲市)
・神道大教(本部:東京都港区)
・黒住教(本部:岡山県岡山市)
・神理教(本部:福岡県北九州市)
・禊教(本部:東京都世田谷区)
・神習教(本部:東京都世田谷区)

山岳崇拝をする教団

主に山を崇拝の対象とする教団

・扶桑教(本部:東京都世田谷区)
・実行教(本部:埼玉県さいたま市)
・御嶽教(本部:奈良県大渕町)

儒教に近い教団

儒教的に近い考え方の教団

・神道大成教(本部:東京都渋谷区)
・神道修成教(本部:東京都杉並区)

天啓教に近い教団

天啓教に近い考え方の教団

・金光教(本部:岡山県浅口市)
・天理教(本部:奈良県天理市)

電話をかける(無料) 資料請求