宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

三宝(さんぽう)

仏教で最も重要とする「仏」、「法」、「僧」の3つを指す用語。

解説

三宝(さんぽう)とは、仏教においてもっと重要とされている「ぶっぽうそう」と言われる「仏」、「法」、「僧」の3つを表しています。宗旨宗派によって「法」の部分には教義の解釈が異なり、最重要とされる教えは異なりますが、この3つをもっと重要とする考え方は同じである場合が多いです。

聖徳太子が記した十七条憲法にも三宝について記載があり、日本古来からある考え方になります。

三宝における仏・法・僧とは?

三宝の仏・法・僧は「ぶっぽうそう」とも言われており、三宝における「仏」は共通して、悟りを開いた釈迦を表しています。大乗仏教においては釈迦だけではなく、複数の仏と表されます。「法」については仏=釈迦が説いた教えのことを表しています。ただし、解釈が宗旨宗派によって異なるため、内容は少しずつ変化しています。また、「僧」に関しては、集団を指す場合と個人を指す場合があります。

三宝に関連する用語

三宝に関連する仏教用語はいくつかあります。例えば、以下のようなものがあります。

三宝尊(さんぽうそん) 仏法僧を祀り、尊ぶ考え方
・三宝絵(さんぽうえ) 仏法僧を表現した絵・図

電話をかける(無料) 資料請求