宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

三宝尊(さんぼうそん)

仏と法と僧の3つである三宝を尊ぶことを指す用語。

解説

三宝尊は「さんぽうそん」または「さんぼうさん」と呼び、仏と法と僧の3つである三宝を尊ぶことである仏教本来の教義を表しています。また、尊ぶことは祀ることにも繋がり、仏像の配置の仕方にも三宝尊は使われており、本尊でもあります。

現在では宗旨宗派によって多少の解釈の違いはありますが、主に日蓮宗・法華宗では重要な教えとなっています。

三宝尊の仏とは

三宝尊の仏は、すなわち釈迦如来を表しています。仏像の配置でも常に釈迦如来像は重要な位置に配しており、ほかにも多種多様な配置の仕方があります。ここではその配置をいくつかご紹介します。

・一塔両尊  一番基本となる配置方法で、法華経を中心として釈迦如来と多宝如来を配置
以下は基本として、一塔両尊をベースに左右に置かれるものが変わっていくものです。
・一塔両尊四士 
・一塔両尊四士四天王
・一塔両尊四士四天王二菩薩
・一塔両尊四士四天王二菩薩二明王
・一尊四士
・二尊四士

三宝尊の法とは

三宝尊の法とは、日蓮宗・法華宗にて最高峰の教えとされる法華経を表しています。法華経とは釈迦が記したもので、日蓮宗においては「南無妙法蓮華経」にすべての教えが込められていると考えられおり、これを原点としています。

三宝尊の僧とは?

三宝尊の僧とは、日蓮宗のことを表しています。日蓮宗が三宝尊を仏教の一つの解釈としているため仏、法、僧をまとめて三宝尊としているので、日蓮宗自体が含まれています。

電話をかける(無料) 資料請求