宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

七仏通誡偈(しちぶつつうかいげ)

釈迦を含む7人の仏で共通した教えをまとめたものを指す用語。

解説

七仏通誡偈(しちぶつつうかいげ)とは、釈迦を含む7人の仏で共通した教えをまとめたものです。仏教の世界における重要人物である釈迦よりも前の時代、そして同時代に悟りを開いたとされる仏が計7人がいます。また釈迦自身も自分が最初に悟りを開いたのではなく、先人がいたと記しています。この7人の共通した教えをまとめたものを七仏通誡偈というのです。

また、それらの7人が共通して説いていたとされる教えをまとめたものが「法句経」などに記されています。

7人が共通していた教えとは

7人の仏が共通して説いていたとされる教えは大きく分けて4つあると言われており、禅宗では日常で活用する読経にも含まれています。
以下がその4つの教えになります。

・諸悪莫作 すべての悪いことを行わない
・是諸仏教 すべてが仏の教えである
・衆善奉行 すべての良いことを行うこと
・自浄其意 自らの心を浄化すること

釈迦以外の6人とは

釈迦よりも前の時代に悟りを開いたとされるのは毘婆尸仏(びばしぶつ)、毘舎浮仏(びしゃふぶつ)、尸棄仏(しきぶつ)の3人だと言われています。また、この3人は過去荘厳劫(かこしょうごんこう)といわれるはるか昔の時代にいた仏と言われています。

釈迦と同時代にいたのが、迦葉仏(かしょうぶつ)、拘留孫仏(くるそんぶつ)、拘那含牟尼仏(くなごんむにぶつ)の3人だと言われています。これら3人は釈迦と同じ時代=現在賢劫(げんざいげんごう)に悟りを開いたとされています。

電話をかける(無料) 資料請求