宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

四向四果(しこうしか)

仏教における修行の階位を指す用語。

解説

四向四果(しこうしか)とは、仏教における修行の階位を表しています。「向」は修行の段階を意味し、「果」は到達したこと位を意味しています。また、四向四果や四双八輩ともいわれており、それぞれの修行の階位を表しています。

四向四果の段階

修行の段階において求められる状態は異なり、預流向からスタートして、阿羅漢果にたどり着けるように修行を続けます。
また「向」とは修行の段階を表し、「果」はその結果を表していますので、修行が4段階とその結果が4段階になります。
それぞれ4段階の修行と結果は以下のようになります。

1.預流向と預流果

最初の段階で、三結(有身見・疑・戒禁取)を断滅した者で、人が天界を7往復している間に修行が進み涅槃に入る状態。

2.一来向と一来果

預流果となり、三結を滅ぼし、貪欲と瞋恚が薄くなった者で、天界と人間界とを1回限り転生している状態。

3.不還向と不還果

有身見・疑・戒禁取、貪欲、瞋の五下分結を滅ぼした者で、再びこの世に戻ることなく天界で悟りに達する状態。

4.阿羅漢向と阿羅漢果

有身見・疑・戒禁取、貪欲、瞋の五下分結ならびに色貪・無色貪・掉挙・慢・無明の五上分結を滅ぼした者で、究極の悟りに到達した状態。
また、この状態を「無学」と呼び、学ぶことがない状態を表しています。

電話をかける(無料) 資料請求