宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

孝道教団(こうどうきょうだん)

仏教の法華教の新宗教を指す用語。

解説

孝道教団(こうどうきょうだん)とは、1935年頃に新しくできた法華教の新宗教です。教祖は岡野正道で、もともとは天台宗の僧侶としており、法華教の教えを出家せずに、実生活で生かしていくこと、また先祖供養に重きを置く宗教団体です。

孝道教団の歴史

1936年に霊友会から分立して、孝道会を立ち上げる。のちの46年には孝道教団と名前を変えています。今現在は神奈川県横浜市神奈川区に本部を置き、在家(=出家をしない)主義を強めた天台宗の法華教を信仰している。

在家仏教を推進している孝道教団

在家(=出家をしない)主義を強めている孝道教団ですが、これは現代を生きている人たちが日常生活において、仏教を正しく理解して、実践していくことが重要であると考えているからです。必ずしも出家をすることだけが仏教を信心する道ではなく、孝道教団ではラジオでの法話や在宅での写経などを勧めており、現代のライフスタイルに合わせた仏教を説いています。また、「縦」と「横」を重んじ、縦には親子の縁や功徳、幸せや子孫繁栄があり、「横」には知人や友人などに思いやりをもってともに苦しむことの重要性も説いています。

電話をかける(無料) 資料請求