宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

薫習(くんじゅう) 

お香の香りが衣服に移るような「移り香」のこと、また同じように影響を与えることを指す用語。

解説

薫習(くんじゅう)とは、物に香りが移ってしまう「移り香」を意味しており、また、自分自身の良い行い、悪い行いのすべてが自分の心の奥底までに影響を与えていることを意味します。薫習は移り香のように、人の習慣はその人自身をも変えてしまうということ、また、自分自身だけでなく、自分の周りに人からも影響を受け、影響を与えていることも表しています。

お手本となること

薫習は仏教の教訓として、釈迦は良い行いが自然とできるようになるまで修行が必要と説きました。お坊さんの修行に関わらず、自分の行いが周りや他人に影響することはたくさんあります。「あいさつをしなさい」と指導する上司のほうが、全然あいさつが出来ていないなど、これはあいさつをしないという行いが、まわりに薫習しています。このように人はいつ、どこで、だれに見られているかはわかりません。また自分自身のみならず、周りにも影響を与えていることをしっかりと理解して日々、反省し、良い影響を与えられるよう心がけることが大切です。

電話をかける(無料) 資料請求