宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

像法(ぞうほう)

釈迦の死後を基準とした三時思想に基づく、悟りが得られない時代を指す仏教用語。

解説

像法(ぞうほう)とは、三時思想に基づく、第2の期間を表しています。これは釈迦が亡くなった後、約1000年の間は、釈迦が生きていた時代と似てはいるが、正しい形での修業が行われないため、正しい成果を得ることができない、すなわち悟りを得ることができない時代を表しています。

また、この年数の数え方は様々で、500年または1000年と曖昧な場合もありますし、釈迦が亡くなってからの500年とさらにそれに続く1000年で正確に区別することもあります。日本では西暦1051年(永承6年)に第2の期間である像法が終わったとされており、末法の時代であるとされています。

三時思想とは

像法を含む三時思想とは、仏陀の死後を境に悟りに関する考え方で、「正法」と「像法」と「末法」の3つの時代に分かれる思想を表しています。「正法」とは教えと修行と悟りが伴う時代を表しており、「像法」は教えと修行はありますが、正しく行われないため悟りが得られない時代です。最後の「末法」は教えのみがあり、正しい方法で修行が行われないため、悟りも得られない時代となります。

電話をかける(無料) 資料請求