宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

三界(さんがい)

仏教における欲界(よくかい、よっかい)・色界(しきかい)・無色界(むしきかい)の三つの世界のことを指す仏教用語。三有(さんう)ともいう。

解説

仏教における三界とは「三千大千世界(さんぜんだいせんせかい)」の略した用語でもありますが、一般的に三界は欲界・色界・無色界の三つ世界のことを指す場合に使われることが多く、三千大千世界は仏が住む世界以外の全宇宙全体を指し、三千世界と略することもあります。三界は三有といわれることもあります。

仏教において三界とは欲界・色界・無色界の三つの世界を指し、衆生が生死を繰り返しながら、この欲界・色界・無色界の三界を行ったり来たりするものと言われています。仏教の教えでは輪廻を繰り返し、この世に生がある限り、煩悩(ぼんのう)と業(ごう)によって、欲界・色界・無色界の三界を行ったり来たり繰り返し続けます。この三界の世界の行き来の繰り返しを輪廻転生(りんねてんせい)といいますが、煩悩と業がなくなり、輪廻転生から解き放たれることを解脱(げだつ)といい仏教の教えとなっています。

界とは

仏教では「界」とは心や身体の状態のことを指し、三界ではそれぞれの世界で心や身体の状態が異なります。また、人間の心の状態を六つに分類しており、これを六道と言います。例えば、畜生道は理性より本能が勝っている心の状態のことをいい、餓鬼道は欲望が尽きない心の状態のことをいいます。

三界の構造

三界は欲界より色界、色界より無色界と格付けされています。最下層の世界が欲界となり、最上の世界が無色界となります。ここではそれぞれの界について詳しく紹介します。

欲界

欲界とは食欲・淫欲・睡眠欲など本能的な欲望にまみれた世界で、人間界も欲界に含まれています。欲界には六欲天(ろくよくてん)といわれる天界の最下層から八大地獄までが欲界で、人間道(にんげんどう)、修羅道(しゅらどう)、畜生道(ちくしょうどう)、餓鬼道(がきどう)、地獄道(じごくどう)すべてが欲界に属しています。欲界では身体(眼・耳・鼻・舌)や心で触れる行為によって煩悩が生れては消えてを繰り返して過ごしています。

色界

色界とは欲望から離れた清浄な世界で天界28天に属する世界です。身体が純粋な物質として残る世界といわれています。色界では食欲と淫欲の二つの欲望はありませんが、情欲と色欲は存在しています。瞑想を行い続ける世界ですが、瞑想をやめて日常の生活に戻ると欲界に戻ってしまいます。また、色界は瞑想の段階で、四禅天に分けられおり、初禅からはじまり、第四禅を過ぎると無色界に入ることができます。

無色界

より深い瞑想に入った世界で、欲望や身体がなくなり、精神のみが残っているものが住んでいる物質が全く存在しない世界です。無色界では仏や神も存在していません。無色界では4つの瞑想の境地にわかれており、空無辺処(くうむへんしょ)から始まり、識無辺処(しきむへんしょ)、無所有処(むしょうしょ)と進み、その最高の境地を非想非非想処(ひそうひひそうしょ)にたどり着くことができます。非想非非想処のことを天界の最上部であり、有(存在している状態)の最高峰でもあるため、有頂天(うちょうてん)とも呼ばれます。

電話をかける(無料) 資料請求