宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

陀羅尼(だらに)

暗記されるべき呪文を指す用語。

解説

陀羅尼(だらに)とは、ダーラニーとも読み、サンスクリット語の漢字を音写したものを音読したものです。仏教において修行僧や作法などの学ぶべきことを「記憶すること、忘れないこと」を意味しており、仏教で使用する比較的長い呪文を暗記して繰り返し唱えることをいいます。また、陀羅尼を繰り返し唱えることで、妄想や雑念を消し去り、境地に至ることを表しています。

陀羅尼の種類

以下は修行僧の日常での修行と合わせて使用される陀羅尼となります。

・仏頂尊勝陀羅尼 仏の功徳を説いたもの
・一切如来心秘密全身宝篋印陀羅尼 功徳甚深を説いたもの
・阿弥陀如来根本陀羅尼 阿弥陀仏の救いを説いたもの

これらは音写することで、本来の経分の意味が頭に入ってこないようにするために、あえて意味が伝わらないようにしたという説があります。

音写語とは

サンスクリット語を音写するとは、単語の意味を無視して、耳で聞こえた発音または漢字の読み方を日本語の近しい発音や漢字に当てはめたものです。前者を音写や音訳といい、後者を漢訳と言います。仏教用語に多く見られ、今回紹介した陀羅尼や瑜伽もその一部です。

電話をかける(無料) 資料請求