宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

霊舎(れいしゃ)

神道において先祖など死者の霊を祀るための祭壇を指す用語。祖霊舎、霊屋とも。

解説

神道においてご先祖様などの霊を祀る為の祭壇を霊舎といいます。霊舎は祖霊舎などと呼ばれることもあります。霊舎は仏教における仏壇のようなものとなっています。

神道ではなぜ霊舎を設置する必要があるのかというと仏教と神道では故人についての考え方が異なるからです。一般的に仏教では葬儀を行うことで故人は極楽浄土へ行くことができると考えられていますが、神道では故人やご先祖様の御霊を家にとどめて家の守護神となってもらい、その家や子孫を守ってもらうという考え方があります。こうした事から神道では霊舎が必要となります。

霊舎はわかりやすく説明すると先祖や故人の御霊のお家になります。霊舎の中には故人や先祖の御霊が宿る霊璽を納め、お祀りしています。霊舎は仏教における仏壇に近いものになりますが、仏壇はご本尊(仏像・掛軸)を祀るものであるのに対して、霊舎は家の守護神としてご先祖様の御霊を祀るというところに大きな違いがあります。

霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものなので、霊舎を祀る場合、五十日祭までに準備を行い、五十日祭のときに神社の神職にお願いして霊璽に故人の御霊を移して、霊璽を霊舎の中に祀ります。

霊舎と神棚の違い

神道において霊舎に似ているものに、神棚があります。霊舎と神棚は見た目もよく似ており、どちらも神様をお祀りすることには違いはありませんが全く違うものになります。

まず、霊舎は先祖の霊を祀るものになります。一方で神棚は天照大御神など格の高い神様をお祀りするためのものになります。したがって霊舎と神棚を分ける必要があります。また、霊舎にはご先祖様の御霊が宿る霊璽を祀るのに対し、神棚には神社からいただいた御札を祀るといった違いもあります。

なお、礼拝の仕方やお供え物などについては霊舎も神棚も同じになります。ただし、霊舎は神棚よりも低い位置にお祀りするものとされています。

霊舎の礼拝の仕方とお供え物

霊舎の礼拝の仕方とお供え物については基本的に神棚と一緒です。

礼拝の仕方

基本的に霊舎には毎日お参りを行います。お参りの仕方は神棚へ礼拝するのと同じ二拝二拍手一拝になります。
なお、霊舎と神棚の両方を祀っている場合は神棚から先に礼拝するのが作法です。

お供え物

基本的に神棚と同じものをお供えします。お供え物の配置についても神棚と同じです。
なお、神棚とは異なり、故人が好きだった食べ物などをお供えするのも一般的です。

霊舎の設置場所

霊舎の設置場所については特に決まりはありません。参拝しやすく、地震などによって倒れてしまう可能性がない安定した場所に設置します。

ただし、霊舎と神棚の両方を設置する場合は霊舎のほうが神棚よりも低い位置になるように設置します。

設置する際の方角については東向き、もしくは南向きの明るい方角が良いとされています。自宅の間取りなどの都合によって東向き・南向きに設置することが難しい場合は真北を避ければどの方角に設置しても問題ありません。

電話をかける(無料) 資料請求