宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

修験道(しゅげんどう)

日本独特の山岳信仰が仏教に取り入れられた信仰であり、山へ籠もって厳しい修行を行うことで、悟りを得ることを指す用語。

解説

修験道は、役小角を開祖とし、森羅万象に命や神霊が宿るとして神奈備(かむなび)や磐座(いわくら)を信仰の対象とした古神道と山岳信仰と仏教の内、密教の呪験練行とが習合してできた日本独特の信仰のことをいいます。

日本各地の霊山(富士山(静岡県)や大峰山(奈良県)や白山(石川県)など)を修行の場とし、ほとんど人跡未踏のような人里を離れた山の奥深い場所で行われる厳しい修行を通して「験力」を得ることで、衆生の救済を目指します。

この山岳修行者のことを「厳しい修行を通して迷妄を追い払い験徳を手に入れ、さらに修行してその徳を驗(あら)わす」ということから修験者といいます。また、山に伏して修行する姿から山伏とも呼ばれています。

修験道の歴史

修験道は、飛鳥時代の呪術者、「役小角」(えん の おづぬ)が創始したといわれています。修験道が盛んに信仰されるようになったのは平安時代の頃からで、日本に土着している神々への信仰(古神道)と、仏教との信仰とを融合させる「神仏習合」の動きの中でできていきました。

神仏習合では神社の境内に神宮寺が建てられ、神職、あるいは僧職が神前で読経を行うことや寺院の境内に「鎮守」としての守護神の社が建てられることなど、古神道と仏教が融合されていきます。

その中でも仏教の一派である密教で行われていた山中での修行と、日本において古くから行われてきた山岳信仰とが結びついて、修験道という独自の信仰ができていきました。

経典は密教とのかかわりが深いため、経典は天台宗(台密)、真言宗(東密)の金剛界、胎蔵界の修法に用いる経典が用いられます。

修験道の宗派

修験道の宗派は主に真言宗系の当山派(とうざんは)と、天台宗系の本山派があります。

当山派

平安時代に聖宝によって開かれた真言宗系の修験道の一派です。金峯山を拠点とし、三宝院(醍醐寺)を本寺としています。現代では当山派は、神仏分離令や修験宗廃止令によって、真言宗に統合されています。

本山派

平安時代から江戸時代にかけて存在した天台宗系の修験道の一派です。熊野三山を拠点とし、聖護院を本寺としています。

当山派同様、神仏分離令や修験宗廃止令によって、天台宗に強制的に統合されることになったが聖護院による反発があり、第二次世界大戦後に本山修験宗として天台宗より独立し、現在も活動は続いています。

電話をかける(無料) 資料請求