宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

密葬(みっそう)

家族やごく近しい親類・友人のみで小規模に行われる葬儀を指す用語。

解説

家族や近しい親族、故人が特に親しかった友人などのみが参列して執り行われる小規模なお葬式を密葬といいます。家族や近しい親族、友人などのみを招いて執り行われる小規模なお葬式というと家族葬と近いイメージを持つ人も多いかもしれませんが密葬と家族葬には異なる点があります。

それは密葬はのちに執り行われる本葬を前提とした葬儀である点です。密葬を行った後には社葬やお別れ会等の本葬が行われるのが一般的となっており、密葬はこうした本葬の前に故人の近しい人だけで執り行わえる葬儀となります。密葬は著名人が亡くなった場合などにおいて大規模なお別れ会や葬儀が執り行われる前に家族や親族のみで執り行われることが多くなっています。

密葬を行う際には故人が亡くなった事実は参列者のみに伝え、密葬を終えた後に故人が亡くなった事実を広く一般に周知するのが一般的となっています。

なお、近年では本来の意味で密葬という言葉が使われる機会は減っており、密葬という言葉が単に小規模なお葬式を意味する場合も増えてきています。(ほぼ家族葬と同じ意味で使われている)

密葬が行われるようになった理由

故人が著名人である場合や会社の代表などの場合、必然的に葬儀には多くの人が弔問に訪れます。遺族にとっては故人を亡くしたばかりの状態で多くの弔問客に対応することは心理的にも肉体的にも大きな負担となります。また、遺族の感情を考えれば落ち着いた状況の中で故人との最後の時を過ごしたいと思うのが当然であるといえます。

このような理由から弔問客を受け入れずに、家族や近しい親族、友人など少人数で落ち着いて故人を送り出すために密葬が行われるようになったと言われています。

密葬の注意点

密葬は家族や近しい親族、友人のみで執り行う葬儀のため、故人が亡くなったという事実も密葬への参列者のみに知らせるのが一般的です。多くの人に訃報を知らせてしまうと予期せずに弔問に訪れる人が現れてしまったり「なぜ葬儀に呼ばないのか」というように不満を抱いてしまう人もいるかもしれません。こうした事を防ぐためにも密葬を行う際には訃報が広く一般に漏れてしまわないように注意する必要があります。

電話をかける(無料) 資料請求