宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

庫裏(くり)

仏教寺院のを構成する伽藍(寺院の建物)の中で、僧侶の居住する場所を指す用語。

解説

寺院の食を整える台所であり、僧侶が住む場所を庫裏といいます。現代においては庫裏という言葉は僧侶が居住する場所を指す場合が多くなっています。「庫裡」とも書くことがありますが、裡は裏の俗字であり、どちらも「うち」や「なか」という意味を表します。

歴史のある古い寺院においては、庫裏の建物自体が文化財に指定されています。比較的規模の小さい寺院では、建物として独立していないものも多く、一般の民家と同じような外観をしているところもあります。僧侶の家族の住まいや社務所を兼ねていることもあり、寺の事務作業も庫裏で行われることが多いです。

庫裏の実態

禅宗のお寺では、食事も修行のひとつということから、台所のある庫裏は修行の場でもあります。食事の調理を行う場所と僧堂が一緒になった建物を大庫裏と言います。一方、台所だけのところを小庫裏と呼んでいます。

庫裏に祀らている神様・いだてん

庫裏には韋駄天(いだてん)が祀られていることが多いです。韋駄天とは、お釈迦様のために駆け回って食べ物を運んだとされる食の神様であるため、禅宗では厨房や僧房を守る神様として台所に祀られることが多いと言われています。

また、小児の病魔を防ぐ神様とも言われており、密教の曼陀羅では、護世二十天の一尊として西方に配されております。大河ドラマのタイトルにもなったことのある韋駄天ですが、ドラマの題材通り、とても足が速いことでも知られているそうです。

電話をかける(無料) 資料請求