宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

果報(かほう)

仏教において前世での行いの結果として現世で受ける報いのことを指す用語。因果応報とも。

解説

仏教において果報は「因果応報」のことを指し、一般的に用いられる果報の意味とは異なった意味を指します。仏教における本来の果報は「前世に行なった行為(業)によって来世に報いとして受ける結果」のことを指し、良い結果も悪い結果も含めすべての報いとして受ける結果を指す言葉です。

なお、一般的に日常生活において使われている果報は「良い運を授かって幸福なことやその様」指す言葉として使われることが多く、仏教における果報の意味とは異なります。また、運の良いことを「果報」、運が良い者を「果報者」と称し、逆に不幸なことを「因果(いんが)」、不幸な者を「因果者」と称することがあるが、因果についても本来の意味とは違った意味で使われている言葉となります。

因果応報

果報が指す因果応報という言葉は日常的にも使われる言葉となっていますが、もとは仏教用語の一つです。お釈迦様が説いた「因に応じて果が報う」が由来であるとされています。この「因に応じて果が報う」というのはわかりやすい表現にすると「過去の行いが、現在の結果として現れる」というような意味になります。つまり、お釈迦様が説いた因果応報というのは「悪い行いは悪い結果として現れるので、良い行いをして良い結果を得られるように努力するべきだ」ということになります。

電話をかける(無料) 資料請求