宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

九品(くほん)

浄土へ往生するものの性質を9種類に分類したものを指す用語。上中下の三品を、更に上中下と分ける。

解説

仏教の世界では衆生の生まれ持った性質の違い、生前の行い、更には仏の教えを理解する度量や器により、極楽浄土への生まれ方が9つに分けられると説かれています。これを九品往生とも言います。

そこから派生して浄土自体も9種の等級に分けられるとして九品浄土が、往生の際に迎えに来る阿弥陀如来の姿も異なるとして九品仏という印の違う9体の阿弥陀如来像が、往生時に座する蓮台も9種類に分かれるとして九品蓮台が存在します。そのため、単に九品と言った場合でも、九品浄土や九品蓮台を指すこともあります。

九品は上品、中品、下品の三本を更に三品に分けるため三三品ともいい、現在、一般的に使われる上品、下品の語源だといわれます。

九品浄土

衆生の九品ごとの浄土の仕方は以下のとおりです。

上品

上品上生:その高い功徳により、阿弥陀如来の浄土に生まれることを願えば、一日もしくは七日で往生できると言います。臨終の際には阿弥陀如来や聖衆の来迎を識り、金剛台に載って浄土へ往生するそうです。

上品中生:その功徳により極楽浄土の諸菩薩の来迎を受け、往生した後に一晩を経て蓮華が開敷し、七日後に最高の悟りの道を渡り諸仏の国土へ赴けるといいます。

上品下生:阿弥陀仏の本願の力による往生を得たいと願い求めると、往生した後には一日一夜で花が開き、三七日後に耳目が明らかになり歓喜地へ往生するといいます。

中品

中品上生:往生すると蓮華が一面に咲き、即時に阿羅漢果に至れるといいます。

中品中生:往生すると蓮華が一面に咲き、法を聞いて歓喜します。歓喜すると須陀洹が得られ、半劫(劫:とても長い時間)を経て阿羅漢になるといいます。

中品下生:臨終の際に阿弥陀仏の本願や国土の幸福を知り、往生した後に智慧をあらわす勢至菩薩や慈悲をあらわす観世音菩薩から教法を聞き、一小劫の後に阿羅漢になるといいます。

下品
下品に分類されるものは悪事を行ったものです。

下品上生:臨終の際に大乗十二部経の経題を聞いて千劫の極重悪業を取り除き、更に阿弥陀の名号を唱えることで五十億劫の生死の罪業を完全に拭い去り、仮の姿を取った仏の来迎を受けて浄土へ往生するといいます。七七日を経て蓮華が一面に咲き、勢至菩薩や観世音菩薩から聞法信解して、この上ない悟りを求める心を持つようになり、十小劫を経て歓喜地に入れるそうです。

下品中生:臨終の際には地獄に落ちそうになりますが、阿弥陀仏の十力威徳、光明神通、五分法身を聞いて八十億業の生死の罪業を滅尽したとき地獄の業火は変じて天華となり、勢至菩薩や観世音菩薩の説法を聞き、この上ない悟りを求めるようになるといいます。

下品下生:あまりの悪行に地獄に落すべきものとまでされ、臨終の時に善知識に遭い、仏の妙なる法を聞いて、それを念じようとするも苦しみに喘ぎ念じることが出来ないとされます。それでも心から南無阿弥陀仏の名号を念じ、唱えれば、徐々に八十億劫の生死の罪業が滅除し、遂には金の蓮華を見て往生することが出来るといいます。その後は十二大劫を経て蓮華が一面に咲き、最後には勢至菩薩や観世音菩薩の説法を聞いて無上の菩提心を起こすそうです。

電話をかける(無料) 資料請求