宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

枕机(まくらつくえ)

故人の枕元に置き、供物などを載せるための台を指す用語。

解説

枕机(まくらつくえ)とは、故人の枕元に置き、供物など(枕飾り)を載せるための台のことです。枕机のうえに、仏式では水、蝋燭台、花瓶、線香、香炉、枕飯、枕団子など宗旨宗派または地域によって多少異なりますが、多くはこれらの枕飾りをおくために使用します。神道ではまた別の八足台という台を用いて飾りを供えます。

枕机の用途

枕机の用途は枕飾りを置く台です。通夜までの仮の祭壇=仮祭壇とも言われており、お坊さんが枕元で読まれるお経=枕経(まくらきょう)の際にも利用されます。飾り方は宗旨宗派によってさまざまではありますが、多くの宗教で故人の枕元に飾りをするのが習わしとなっています。

また、葬儀社が準備をしてくれることが一般的ですので、準備に困られる方は葬儀社にご相談されるのがおススメです。

仏教の枕飾り

枕机に白い布をかけて、蝋燭台、花瓶、線香、香炉、枕飯、枕団子を飾ります。枕飯には2本の箸を刺します。また花瓶には樒(しきみ)を飾るのが一般的ですが、百合、水仙、菊なども可能です。

神道の枕飾り

枕机ではなく、儀式で使用する八足台と言われる台を使用します。三方、花瓶、蝋燭台を飾ります。三方には水、洗米、お神酒、塩を供え、花瓶には榊(さかき)を飾るのが一般的です。

キリスト教の枕飾り

キリスト教には枕飾りという習慣はないですが、同じように枕元に飾るものはあります。仏式と同じように台を白い布で覆い、聖書やパン、水、十字架、蝋燭台、花瓶には白い花を飾るのが一般的です。

電話をかける(無料) 資料請求