宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

十二神将(じゅうにしんしょう)

仏教の信仰の対象たる天部の神々を指す用語。護法善神。

解説

十二神将は薬師如来および薬師経を信仰する人々を守護する十二体の武神です。それぞれが大将に当たり、7,000人の眷属を従えているといわれています。

十二神将の中にはサンスクリット語を意訳すると夜叉の名を持つものが現れますが、これは元々いわゆる悪魔だったものが、仏と仏法の真理に降伏して仏と信者を守護する善神となったことに由来しています。

十二神将の名と本地

十二神将は、薬師如来の十二の大願に応じて、それぞれ十二の時、十二の月、十二の方角を守るといわれています。この中の方角を守る性質から十二支の守護神としても信仰をされています。また、十二神将は、それぞれ如来、菩薩、明王の化身であるとされており、化身前の本来の姿を本地といいます。

以下が十二神将それぞれの名と、本地になります。経典によって名の読みが異なるため、ここでは一般的なものを挙げています。また十二神将に対する十二支の割り当てについては諸説あるため、ここでは取り上げていません。

宮毘羅大将(くびら):弥勒菩薩
伐折羅大将(ばさら):勢至菩薩
迷企羅大将(めきら):阿弥陀如来
安底羅大将(あんちら):観音菩薩
頞儞羅大将(あにら):如意輪観音
珊底羅大将(さんちら):虚空蔵菩薩
因達羅大将(いんだら):地蔵菩薩
波夷羅大将(はいら):文殊菩薩
摩虎羅大将(まこら):大威徳明王
真達羅大将(しんだら):普賢菩薩
招杜羅大将(しょうとら):大日如来
毘羯羅大将(びから):釈迦如来

薬師寺の十二神将像

日本では奈良県の薬師寺に安置される等身大の十二神将像が奈良時代に作られた最古の作であり、優れた像として有名です。ただ十二神将像のうち一体は江戸時代末期の地震で倒壊したため、昭和時代に補作されました。

薬師寺の十二神将像の個々の像名は、現在の薬師寺で呼ばれている名称と、過去の文献で用いられている名称が異なっています。国宝指定名称は後者によるもののため、一部に国宝と薬師寺で異なった名称を付けられている像があります。例えば薬師寺では伐折羅大将と呼ばれる像が国宝指定名称では迷企羅大将と呼ばれるといった具合です。

電話をかける(無料) 資料請求