宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

賽銭(さいせん)

神社や寺院をお参りした際に、祈願成就に対するお礼に奉納する金銭を指す用語。

解説

賽銭(さいせん)とは、神社や寺院へ参詣した際に、奉納する金銭のことを指し示しており、現在では、少額の金銭を使用しています。

もともとはおひねり(お米を白い紙などに包んだもの)が始まりで、魚や貝などの海の幸、山の幸やお米の代わりとしてひえやあわなどの雑穀などの穀物も一緒に奉納していた風習です。お供え物の種類が変わっても、感謝やお礼の気持ちには変わりなく、神社では賽銭箱が設置されている場合が多く、自然と皆が賽銭箱へ奉納する形になっています。

賽銭は感謝の気持ち

賽銭の本当の意味は、願い事を叶えてもらうためのものではありません。まずは願いを叶えてもらったことへの感謝として、お供えし、次のお願い事をするのがお参りの基本的なルールとなっています。

賽銭はいくらがいいのか?

賽銭にはよく「5円」玉などの硬貨を使用されます。これには理由があり、5円=「ご縁がありますように」という意味があります。縁担ぎの意味合いが強いため、5円1枚よりは複数を重ねることで、効果も期待できるのではないでしょか?

5円玉1枚:ご縁がありますように
5円玉2枚:重ねてご縁がありますように
5円玉3枚:十分なご縁がありますように
5円玉4枚:よいご縁がありますように
5円玉8枚:末広がりにご縁がありますように

上記のように、5円玉の「ご縁」と枚数の数字を掛け合わせて、願いをかけることもあります。

また、同じ硬貨のなかで「10円」と「500円」はあまりよくないとされています。10円は「とおえん」とも読むことができ、「遠い縁」=縁が遠のくや縁から距離を置かれるなどをイメージさせます。さらに、硬貨のなかで最大である500円には「これ以上ない」という意味があり、これ以上望むことができないことをイメージさせてしまいます。

いずれも賽銭は願いを叶えてくれたことへの御礼なので、金額よりも感謝の気持ちを大切にするほうが良いでしょう。

電話をかける(無料) 資料請求