宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

枕花(まくらばな)

故人を偲ぶため通夜の時から、故人の枕元に飾られる花を指す用語。

解説

枕花(まくらばな)とは、訃報連絡を受けた親族などの遺族と親しい間柄の人たちが、故人を偲ぶためにいち早く送る花のことで、主に通夜と葬儀の両方で飾れます。

また、枕花は通夜前日から通夜当日までに送ることが多く、自宅や葬儀場で故人の枕元に飾られることから枕花と呼ばれています。親族などの故人や遺族と親しくしていた方が用意される場合が多いですが、遺族が用意する場合もあります。

枕花と供花の重要な違い

枕花も供花はそれぞれ、故人への弔意を表すためのお花ですが、別の用途があります。

枕花は故人の枕飾りと共に飾られる場合もありますが、供花は葬儀場で飾るために名札をつけて使用されます。また、供花は出棺時のお別れ花としても使用されますが、枕花はご自宅にそのまま飾られる場合もあります。枕花も供花も葬儀を担当する葬儀社に依頼するのが一番ミスのない方法です。配送する際に住所や時間なども間に合わないと意味がありません。訃報連絡が入った際は、一度担当の葬儀社に確認をするのがおススメです。

枕花の種類

特にお花の種類に決まりがあるわけではありませんが、コンパクトにまとまった大きすぎない花束がおススメです。予算としては5000円~20,000円程度の範囲で、故人が好きだった花やフラワーアレンジメントなどでもよいでしょう。

ただし、あまり色が多く派手なものよりは、白を基調とした淡い青や紫などを合わせるのが一般的です。お花の種類としてはカーネーション、菊、トルコ桔梗、カラー、胡蝶蘭、百合などです。なお、香りの強い百合などは本数を少なめにするなどの配慮も必要になります。

電話をかける(無料) 資料請求