宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

水引(みずひき)

贈答品に用いる飾り 祝儀だけでなく、不祝儀でも用いる飾りを指す用語。

解説

水引(みずひき)とは、室町時代の中国からの輸入品に、赤と白の縄が付けられていたのが起源とされています。中国側では単なる輸入品の目印として使用されていましたが、日本側では贈り物につける習慣がある勘違いしたのが始まりとし、長い航海の無事を祈ったり、海賊や海の危険から守ってもらう魔よけの一環としても理解され使われるようになりました。

大きく分類すると、紅白の赤と白は祝儀、黒と白は不祝儀とされています。また形も様々でシンプルなものから、デザイン性の高いものまであり、用途に合わせて使用するのが良いとされています。

水引の種類

水引は祝儀でも不祝儀でも用いられるものですが、色と形によって区別されています。色は紅白、金銀は祝儀に、黒白は不祝儀に使用されます。

また、形にも意味があり、蝶結びは「何度でも結びなおすことができる」ことから、祝儀ごとに使用されます。またこれらを弔事またはお見舞いなどに使用すると「何度も繰り返す」という意味にもなり、注意が必要です。

結び切りは「固く結ばれて解くのが難しい」ことから今回一度きりや繰り返してほしくないことには結び切りを使用します。弔事またはお見舞いなどでは使用されますが、婚礼などには使用できません。また、結び切りに似た鮑結びも同じ意味で使用されますが、両端を引くことで、強く結ばれることから「末永く付き合える」という意味になります。

以下に代表的な水引をご紹介します。

紅白×蝶結び:お祝い事の使用
紅白×結び切り:お見舞いなどの一度きりにしたい場合、また紐が10本あるタイプは婚礼用に用いられます。
金銀×蝶結び:お祓いやご祈祷の御礼を包むために使用
金銀×結び切り:婚礼や長寿祝いなどの人生において1度きりのものに使用
黒白×結び切り:弔事および仏事全般に使用
黄白×結び切り:関西方面、北陸方面では弔事および仏事全般に使用

電話をかける(無料) 資料請求