宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

俗名(ぞくみょう・ぞくめい)

人が出家する前、主に生前に名乗っていた姓名を指す用語。

解説

俗名(ぞくみょう・ぞくめい)は多くの場合、「ぞくみょう」と読まれますが、「ぞくめい」と読む場合もあります。俗名対して、戒名や法名や法号など仏式のお葬式で、菩提寺のお坊さんから授かる名前があります。これらは主に仏門に入る際に新しい名前を付けてもらうことを意味します。

ですので、俗名とは現在名乗っている姓名を表し、仏教に出家をされていない方にとっては、親から授かった名前となります。

お葬式と俗名の関係

仏門に入る=仏式でのお葬式の場合は、菩提寺のお坊さんがお葬式に来ていただき、戒名を付けるのが一般的です。

最近では無宗教のお葬式や仏教以外の宗教の場合は俗名でお葬式を執り行うのが一般的とです。どちらでもお葬式を執り行うことはできますが、ご自身と宗教の関係で解決されるのがおススメです。

お墓と俗名の関係

お墓に遺骨いれることを納骨と言います。また、お墓に名前を入れることを、字彫りといい、これは俗名でも戒名でもどちらであっても問題ありません。むしろ最近では名前では、好きだった言葉や好きだったもの(車やお花)などの図柄を掘る場合もあります。

ただし、日本のお墓の多くはお寺さん所有が多く、お葬式のときに戒名を授かっていない=俗名では納骨ができない場合もあります。自身やご家族のお墓がどこにあるのか、また菩提寺のお坊さんがどこまで対応してくれるのかをきちんと確認しておきましょう。

電話をかける(無料) 資料請求